共働きの我が家が夫の給与だけで生活する理由

家計管理

今日は、共働きの我が家が、どうして夫の収入だけで生活することにこだわるかのお話です。

我が家は共働き9年目。その間、育休中もずっと夫の給与のみでの生活・貯蓄をしてきました。

なんでそんなに切り詰めた生活をするのか?と疑問に思う人もいると思うので記事にしておこうと思います。

保険の見直で毎月の固定費を削減!

どうして共働きなのに夫の収入内だけで生活しようと思ったのか

一番の理由は、将来にわたって働き続けられる職種・状況ではなから。

つまり、福利厚生・給与ともに充実した大手企業同士で共働きができる期間が決まっているためです。

長くなるので就活話はまた別記事にするとして、就職氷河期に大手にスルッと就職したかった&当時地元に彼氏がいたので3年ほどで結婚退職するつもりだったため、大手企業の交代の製造現場での採用で就職してしまったのです・・・(TT)

今考えるとほんっと浅はか・・・

三交代の製造現場での仕事、なぜ今は続けられているの?

母になった今、末子が小学3年生までは夜勤・遅出免除という制度に助けられ、時短勤務をするので定時勤務としてもらって何とか仕事を続けられています

しかし、末子が小学校4年生になると、もちろん3交代です。会社には申し訳ないけど3交代で働き続けるのは難しいです。

 

夫は長期出張あり、実家は両方とも遠方、ほぼワンオペなのに、下の子小4、上の子中1で日常的に夜中二人で留守番とか不安すぎます。年齢が進むと、別の意味で不安になります。

 

ってことで、私は末子が小3までにこの職を離れる予定なのです。

これは、結婚する時から主人と決めていたこと。

夫は当時から、家事育児しながら近場で好きなパートして、お小遣い稼ぎしてくれたらそれでいいよ^^と言ってくれています。

昇進して、私の稼ぎが減る分を埋めてくれるのだそう。素直に嬉しいですね。

そうはいってもお金は必要になってくる!

しかし現実問題として、お金のかかり始める頃に離職しないといけないこの状況を考えると、

我が家が取れる策は一つ!今のうちにガンガン貯蓄しておくこと!!

 

なので、我が家では夫の給与で生活して、平均すると私の給与+夫の給与から100万円ほどは貯蓄に回しています。

 

人生をずっと楽しむために、理想からの逆算をしています。

将来の自分たちの在りたい姿を考えること、うちの夫婦ではとても大切にしています。

時に予想外の出来事もあるのだけれど、将来像を見ながら話していくと、解決への手段はいくつも出てくるものです。

これまでの反省もたくさん出てきますが、理想への道筋はいくらでもリカバーできるように思います。

そして、将来の理想像を描くことのメリットは、自然に逆算して動いていることです。

具体的に思い描けない人には、FPさんと面談して一緒にライフプランシートを作成するのもおススメです。

考えているだけでは結果はでません。行動すればちょっとずつ結果はついてきますよ^^

 

コメント