もう限界。気づいた時にはうつだった話

休職

今回はもう限界。そう気づいた時にはすでにうつ状態になっていた時のことを記事にします。

 

私がうつ状態になった原因

まずは、なぜうつ状態になるまで自分を追い込んだのかを書いてみます。

  • 常に家事・育児・仕事と時間当たりのタスク密度が高すぎた
  • 日々の生活で息抜きをする時間を持てなかった
  • パートナー不在、核家族で弱音をはける時間を持てなかった
  • 自分の特性(ADHD)で一番苦手な領域の仕事だった
  • イレギュラー対応頻度が多く、習熟度が高くないとイレギュラー対応できない職場だった
  • 教育資料がほぼなく、勘コツ経験で学ぶ職場だった(学ぶのに効率が悪く時間を要する)
  • 職場の中でも配慮された存在なので、周囲のやっかみを感じた
  • 昇進したことで更に周囲のやっかみがあった
  • 自分の努力不足だから、もっと勉強したらどうにかなると思っていた
  • ミスや忘れる対策は自分の責任だからしっかりしないといけないと思っていた
  • 今まで大抵のことは自分の納得するレベルまで出来ていた(今が色々出来ていないと感じていた)

ざっとこんな所でしょうか。

もっと細かい事をかけばとめどなく出てきそうなのでこの辺りに。

 

どんな状況になってうつと気づいたか

  • とにかく仕事に行きたくない、嫌な気持ち
  • 常に悲しい気持ち
  • やる気が全くでない、家事したいのに疲れてできなくなる
  • こどもに異常なほどイライラする
  • 業務日誌や本の内容が文字を追っても頭に入ってこない
  • 夜寝る前や朝起きた時~出勤まで涙が溢れて止まらない

特に最後の涙が溢れてきたあたりで、あ、私もう無理なんだ。と気づきました。

 

周りの同僚たちに物凄く驚かれました。え?Sooが!?大丈夫なん?と、

私はあまり鬱になりそうな人イメージがなかったようです。

一方、鬱経験者の先輩は、最近元気がなかったから、声掛けたらよかった。ごめんね。と言ってくれました。わかる人には変化がわかるようです。

 

 

うつになったと気づいてどうしたか

うつになったと気づいたので、心療内科に行きました。

しかし、心療内科って初診だとすぐに診てくれない所がおおくてショックを受けました。

患者さんが多すぎて、初診は1か月後とかいう所もあって白目・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 

いくつか近隣の心療内科に電話して、幸い土日を挟んで3日後に診てもらえることになりホッとしました。

すぐに診断書を書いてくれて、とりあえず2週間休職することになりました。

私はADHDだったので両方診てもらえる所を探したので選択肢が少なかったように思います。

 

すでに辛い会社員の方であれば、直近の日付で予約して、それまで会社は休むという選択がベストだと思います

どのみち休職するかもしれないので、数日休むことくらい問題なしです。

病気になったら休むのは当然。

あなたの状態が悪くならないことの方がよっぽど重要なのです!!

 

診断書を上司に持ってった話

診断書をもらった翌日、直属の職責とマネージャーに話があることを伝え、業務終了前に面談時間をもらいました。

現場がトラブル発生していたので言いづらかった~。。

 

さて、割り切って朝から大急ぎでこそっと引き継ぎ準備です。

子ども2人の育休のあとの3度目なので、すでに仕事内容は毎度マニュアル化済なのであまり焦らず。どうしてもの仕事だけ順位付けして終わらせていきます。

ただ、一つだけ集計表のエクセルを加工途中だったものがあったのですが、終わらなかった。。。

面談時にそれだけ自宅で修正したいと上司に言ったのですが、誰かが何とかするから休め!の一点張りでした。申し訳ない。

 

面談で職責はトラブル対応で不在だったものの、マネージャーに大泣きしながら打ち明けました。

診断書を渡すと、とても驚かれて、心配されました。

喋ろうとすると、涙がじゃんじゃん溢れてきます。。

頭も回っていないので、「よくわからないけど、ずっと悲しいし、勝手に涙が出てくるんです~」と言ったこと、それしか覚えていませんwww

 

マネージャー、即刻部長にアポとり。その後すぐ面談

部長は今のマネージャーの前の担当マネージャーだったのでとても心配してくれました。

しかし、泣きじゃくって話にならない私。。。聞かれてもわからないんです~(;;)と大泣き。

とりあえず2週間休むことになりました。

 

長くなったので次の記事に続きます。

コメント