発達障害グレーと言われた時に。発達障害者の経験談

発達障害

お子さんが、”普通”とは違うかもしれない、という不安でいっぱいで、

たくさんググっておられるかと思います。

そんな親御さんに発達障害者の私が思う、子どもの立場としての気持ちを代弁できたらなと思います。

 

こどもの発達障害って突然指摘されるようだ。

実は、先日友人と話していて、子どもが発達障害かもって言われて、面談を受けるように言われた~ということでした。

 

先生たちの間では、グレーだなぁ。。という感じで伝わっているかもしれない。

そして、保健師さんに見に来てもらっているかもしれない。

 

だ・け・ど。。親としては突然言われたように感じたそうです。

 

発達障害グレー、その言われ方に疑問符

友人は、こどもが発達障害の疑いがあるので、その道の専門家と面談しませんかと言われたということで、、、

ちょっと困ったところはあるけれど、え?うちの子発達障害なのー!?という衝撃を受けますよね。

ちょっとやんちゃだとは思ってたけど、、、って。

突然、しかも先生たちのこの子私たちでは手を焼いています。的な言い方に、とても悲しくなったと話していました。

子どものダメな所ばかりを並べられ、とても凹んでいました。

発達障害かも、ということすら受け入れられないと悩んでいました。

色んな否定と一緒に発達障害を告げられたら、自分の育児を全否定されている気分になってしまいそうですよね。

保育者の皆さまには、もっと親の気持ちに寄り添う対応をお願いしたいです。

 

発達障害だったらなんだ?向き不向きがあるだけだ!

私はADHDという発達障害です。偏差値も低くないよ。高専卒だから、高校受験の時だけど68。

昔はそれで普通だと思ってたから、今見るとなかなかな数字^^もう取れないw

 

発達障害だからって、勉強できないわけじゃない。

人生が上手くいかないわけじゃないよ。(実感してます)

 

ちゃんと部活だってしてたし、友達もいる。中学では話が通じない人多すぎて休み時間は図書館で過ごしてたけどw

ちゃんと就職して、育休取りながら働いてたよ。

 

ADHDの有名人もたくさんいますよね

スティーブジョブズや、ビルゲイツ、長嶋茂雄、楽天の三木谷社長、、、などなど、

好き!やりたい!を自由にしてあげると、驚くほど伸びしろを持っている個性というだけ。

 

確かに、定型発達の子と同じようにできないこともあるかもしれない。

つまり、それは不向きなことって事。ただそれだけ。

 

こどもの好き!やりたい!を引き出すために、その子に向いてそうなものにたくさん触れさせてほしいと思っています。

 

発達面談を受けることは、こどもをより深く知ることだと思う。

先生たちの否定から入ったら、親御さんとしては拒否感が出てしまうかもしれないけれど、

発達面談を受けることは、大人になって発達障害に気づいた私から見たら、そこで気づいてもらったことがうらやましい!

こどもをより知ることができるチャンスだから。

得意なことをたくさん見つけてあげて、伸ばしてあげられるチャンスだと思う。

診断されるのは親として辛いかもしれない。でも、こどもとしては、早く知って対処してくれるほうがずっといい。

 

発達障害の私の正直な気持ち

私が子どもの頃は発達障害なんてメジャーじゃなくて、私の親たちだって言っても理解できないみたい。昔は暴れん坊とか、やんちゃとか。そんな表現。それで怒られてひねちゃって中学ではヤンキーとかね。そんな感じだった。

 

 

親は知ったらショックだろうけど、私は早く知りたかった~。

自分の苦手なところが、自分ができないせいだって思っていたの、とっても辛かった。

 

中学の時の友達関係とか、ほんと最悪だった。嫌な思い出になっちゃった。

 

発達障害って知ってたら、どう対処していくかマニュアルあるからよかったのになって思う。

 

発達障害はあくまで自分の個性の一つで、うまく付き合っていけるほうが絶対いい!

できないからって否定しないでほしいな

 

発達障害の子の伸ばし方

発達障害の子って、ものすごく好き嫌い、やりたい・やりたくないがはっきりしている。

自分で言わなくても、もうその様子だけで体現している。

 

だったら、信じてその通りに自由にさせてあげるのが一番だと思う。

あ、危ないコトとか世間的にNGなコトは言わなきゃだめだけど。

 

必要最低限の生活ができることだけは、その子にあった伝え方で伝えてほしい。

生活の工夫もきっとそれぞれの発達障害ごとに色々あるはず。

 

あ、でも否定はしないでね。悲しいから。

自分ができてないのもちゃんと解ってるから。

 

凸凹の出てるトコを最大限褒めてあげると、とっても素直にがんばれちゃいます。

 

さいごに

こどもが発達グレーと指摘された親御さん。

とっても複雑な心境だとは思いますが、できたら”お子さんがどうしたらHAPPYに育っていけるのか”という観点で判断してあげてほしいなと思います。

発達障害であれば、加配で先生がついてきめ細かに見てくれます。いろんな特別待遇もしてくれます。その時のお子さんに、必要なHELPが受けられるチャンスがあるのです。

受け入れるのが辛いかもしれません。でも、発達障害だからって不幸になるわけじゃないんです。

HAPPYに生きている発達障害者をヒントに、お子さんがよりHAPPYで居られる方向に進めるって幸せなことです。その選択肢のひとつが面談や療育、投薬だと思います。

まずは面談受けてみて、そこの結果聞いてから判断してもいいと思います。

子育て、親にできることはフォローして見守る事!

 

自分の好きな事で少し息抜きしてみよう!

コメント