時短家事〇洗濯

時短家事

今日は我が家でもよく友人たちに伝染していく時短家事、洗濯編です。

ポイントは5つ

  1. 洗剤の計量をカット
  2. 洗うときのカテゴリー分け
  3. 乾燥機と自然乾燥の併用
  4. 干す場所
  5. しまう場所

楽な洗剤をチョイスする

計量って案外手間ですよね。

計量なし、体感すると本当に楽~

 

ちなみに我が家は強い香りが苦手なので、まぐちゃん2個です。

ちゃんと汚れも落ちるし匂いもないのでお勧めです。

 

ちゃんと汚れも落ちるし、エコで楽なんて最高

 

洗剤の香りが好きって方もいると思うので、思いつくものを挙げてみます。

 

香りが好みならジェルボール

 

無臭派なら洗濯まぐちゃん

スプレーボトルも便利そうなアタックゼロ

 

洗うときのカテゴリー分け

洗うとき、我が家では濃い色のもの、薄い色+肌着に分けます

理由はドラム洗濯機で色物を洗うと色移りが激しいため。。
節水型なので少ない水で洗う分、濃い色のものを一緒にすると色移りするのでこうなりました。

淡い色のものがだんだんグレーになっていく。。

濃い色のものはだいたい2~3日に一度溜めて洗うようにしています。

ドクターベックマンのダートカラーキャッチャー使った時期もありましたが、結局もったいなく感じる貧乏性で。。。笑

 

我が家の場合、濃い色の物はだいたい自然乾燥するものなので分けておくと時短にもなります。

乾燥機と自然乾燥の併用

乾燥機にかけるとガーゼやコットン類はどうしても致命的なシワが寄る

そしてやっぱり縮む

なので、給食のナフキンやマスクなど、シワシワになるもの、服は自然乾燥で服の買い替え頻度とアイロンの手間を省きます。

靴下は例外で面倒なので乾燥してますw

干す場所

我が家は浴室に干しています

脱衣場で洗濯

そのままお風呂の蓋にポイっと洗濯物を置く

その上に吊るした10連ハンガーやピンチハンガー洗濯物を干していく

ピンチハンガー。引っ張るだけで取れるのでめっちゃ楽ですよ~

 

子どもの服はこれに干しています

雨の日は乾きが悪いので浴室乾燥機をかけますが、それ以外は換気扇を朝までかけておけば乾いています

以前は浴室乾燥機にかけていましたが、友人情報をもとに1度一晩換気扇を試したら本当に乾いてて驚きました

綿のパーカーも、裾からピンチで胴体部分を広げて釣ってバンザイ干しすると乾いています。

子供のトレーナーとかも、ハンガー2つで隙間を作って干すので乾いていました。

もし少ししっとりしていたら、そこから浴室乾燥機を30分もかければカラカラになります!

 

洗濯物をしまう場所のレイアウト

新居に引っ越して来たときに一番に整えたのはこの洗濯動線でした。

できるだけ洗濯機近くで完結するように、使う頻度で考えました

結果洗剤ストックなど、普通であれば洗面台下に置くようなものが別室収納に。

我が家的に補充はそんなに頻繁ではないので全然問題なかったですよ。

 

タオルやネットは洗濯機上
下着や子供のパジャマは洗面台下の引き出し
服はお風呂の隣の部屋のクローゼットに全員分
と、しまう場所を極限まで近くしています

そして、出来る限り畳みながらしまいます

洗濯かごにまとめて置いてしまうと、私の場合戻すのが面倒になってしまって置きっぱなしにするので、畳んだそばから直ぐに仕舞うようにしています。

作業を途中で止めない環境をつくることが結果時短に繋がります

 

我が家の乾燥後の流れはこんな感じ

乾燥終わったタオルや下着を洗濯機から取り出しながら畳んでしまう。靴下などは洗濯機上で待機

浴室の衣類を取ったものから畳んで別に分けてかごへ入れる

洗濯機上の靴下なども一緒にかごに入れ、隣室のクローゼットへ移動

全員分の引き出しを開けておいて一気に入れていく

 

 

各家庭で部屋のレイアウトは変わると思いますが、動線の整備、一度で作業を完結させること、最後はしまう収納のカテゴライズによって分けておくのがポイントです。

コメント